菅首相記者会見

憲法改正での緊急事態対応「国民の関心高まっている」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は7日夜、首相官邸で記者会見し、憲法を改正し、緊急事態条項を明記すべきとの考え方について「コロナ禍で、国民の関心が高まっている」と指摘した。そのうえで、私権制限のあり方のほか、ワクチンの治験に通常の手続きでは3~4カ月かかることなどを挙げ、「いろんな問題が浮き彫りになった。特に、感染症を考える中で落ち着いたら、そうしたことを検証して対策を考えたい」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus