国内

12~15歳のワクチン接種、国内でも検討 厚労省審議会で議論へ 

 加藤勝信官房長官は11日の記者会見で、米食品医薬品局(FDA)が米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの対象年齢の12歳以上への引き下げを認めたことに関連し、「接種対象を12歳以上に拡大するかどうか、厚生労働省の審議会で議論していただく」と述べ、日本国内でも対象の拡大に向けた検討を進める考えを示した。現在、同社製ワクチンは16歳以上が接種対象となっている。

 加藤氏は、対象年齢見直しに必要な添付文書改訂に向け、ファイザー社が審査を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)に相談しているとも指摘。その上で「有効性、安全性が確認されれば添付文書が改訂される」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus