国内

大阪府議、定数88から79へ 維新が削減案固める

 大阪府議会の議員定数について、最大会派の大阪維新の会が現在の88から79に削減する案を固めたことが、関係者への取材で分かった。近く正式決定し、他会派に説明する。「身を切る改革」の一環として年内に関連条例を改正したい考えで、次の府議選が予定される令和5年からの適用を目指す。

 現在、都道府県議会で人口比の議員定数が最も少ないのは、東京都議会(定数127)。条例改正が実現すれば大阪府が東京都を抜いて全国最少となる。

 維新は平成31年4月の府議選で、人口比の議員定数を全国最少とすることを公約に掲げ、今年に入り他会派との議論を活発化。6月25日に令和2年国勢調査の速報値が公表されたことを受け、削減案を固めた。

 府議会定数は維新の主導で平成23年6月に条例を改正し、109から88に2割削減した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus