国内

首相、ファイザーCEOと会談 ワクチン供給前倒し要請

 菅義偉(すが・よしひで)首相は23日午前、東京・元赤坂の迎賓館で、新型コロナウイルスワクチンを供給する米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)と会談した。首相は10月以降に輸入する約2千万回分のワクチンの供給前倒しを直接働きかけたとみられる。会談には河野太郎ワクチン担当相も同席した。

 政府はファイザー製ワクチン計1億9400万回分の供給を受ける契約を結び、このうち約1億回分は6月末までに輸入。7~9月は約7千万回分の供給を受ける予定となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus