国内

立民・玄葉光一郎元外相、福島忌避の韓国に怒り「侮辱だ」

 立憲民主党の玄葉光一郎元外相(衆院福島3区)は28日の衆院内閣委員会の閉会中審査で、東京五輪で韓国が福島県産の食材を避けるために独自の給食センターを設けたり、メダリストに贈られるブーケに放射能の懸念があると一部メディアが報道したことについて「ここまでくると侮辱だ。本当に丹精こめて、思いをもって作っている。食材も(安全性を証明する)GAP認証をしている」と強い怒りを表明し、国際オリンピック委員会(IOC)に対する抗議を含め、政府に対応を求めた。

 玄葉氏は、加藤勝信官房長官が韓国側の対応に「コメントは差し控えたい」と述べたことについて「大人の対応をしすぎだ。言うべきことは言うべきだ」と指摘。韓国について「感情が優先するとか、科学的合理的な思考が不得手ではないかという声もある。今回、静観したら風評被害は拡大する。IOCに抗議し、厳重注意を求めるくらいはやったらいい」と求めた。

 これに対し、坂井学官房副長官は「福島産の風評被害払拭のために、やるべきことは政府もしっかり検討し、今まで以上にできることを考えながらやるべきだと考えている」などと答えた。

 玄葉氏は「復興五輪」の理念が見えなくなっているとして、選手村で福島産の食材をアピールし、選手に発信してもらう取り組みの強化も求めた。「かつての支援に対する感謝の気持ちは、県民が一生懸命表現しているし、県民なりのおもてなしをしている。被災地で今日も野球をやってくれたりして、これも感謝している」とも語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus