国内

緊急事態宣言、3県と大阪追加 東京と沖縄は延長 8月31日まで

 全国で新たに報告された新型コロナウイルスの感染者が29日、初めて1万人を超えた。1日の感染者数が最多を更新したのは2日連続。感染拡大を受け、政府は同日、神奈川、千葉、埼玉の首都圏3県と大阪府に対し、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令する方針を固めた。期間は8月2日から31日まで。22日を期限に発令中の東京都と沖縄県に関しても、31日まで延長する。

 北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5道府県には、緊急事態宣言に準じた措置を取れる「蔓延(まんえん)防止等重点措置」を適用する。

 菅義偉首相は29日、官邸で記者団に「強い危機感を持って対応している。ワクチン接種を進めながら各地域でしっかり対応し、病床の逼迫(ひっぱく)を招かないように対応していきたい」と述べた。東京五輪に伴う感染拡大は「水際対策はしっかりやっている」と否定した。

 首相はこれに先立ち、西村康稔経済再生担当相や田村憲久厚生労働相ら新型コロナ対策関係閣僚と官邸で対応を協議した。30日午前に専門家でつくる基本的対処方針分科会(尾身茂会長)に諮り、了承が得られれば国会報告を経て午後の対策本部で正式決定する。

 今回新たに緊急事態宣言が発令される4府県には蔓延防止等重点措置が発令されていたが、急速に感染が拡大。首都圏3県の知事は29日、西村氏とテレビ会議方式で会談し、緊急事態宣言の発令を要請する。

 一方、東京都は29日、新型コロナウイルスの感染者が新たに3865人報告されたと発表した。28日の3177人を上回り、3日連続で過去最多を更新した。感染状況を分析する29日の都モニタリング会議では、現在の感染拡大ペースが続いた場合、8月11日には新規感染者が4532人に上るとの予測が示された。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus