菅首相記者会見詳報

(1)「若い世代も重症化リスク高まっている」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は30日の記者会見で、神奈川、埼玉、千葉、大阪の4府県に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令することを発表した。詳報は以下の通り。

 「先ほど、新型コロナ対策本部を開催し、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府に緊急事態宣言を発出するとともに、北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県に蔓延防止等重点措置を実施し、期間はそれぞれ8月2日から8月31日までとすること、東京と沖縄県の緊急事態宣言を8月31日まで延長することを決定をいたしました」

 「全国の新規感染者数は増加を続けています。昨日の全国の感染者は、1万人を超え、本日の東京の感染者は3300人に上っております。首都圏、関西圏をはじめ、多くの地域で増加傾向が続き、これまでに経験をしたことのないスピードで感染が拡大をいたしております。大きな要因として指摘されるのが、変異株の中でも世界的に猛威をふるっているデルタ株です。4月の感染拡大の要因となったアルファ株よりも1・5倍ほど感染力が高く、東京では感染者に占める割合は7割を超えている。このように言われております」

 「全国的にデルタ株への置き換わりが急速に進むにつれ、さらに、感染の拡大が進むことが懸念されます。一方で、足元の感染者の状況を見ますと、すでに高齢者の73%が(ワクチン接種の)2回を完了する中で、これまでの感染拡大期とは明らかに異なる特徴が見られております。東京における65歳以上の新規感染者の数は感染が急拡大する中にあっても、本日も82人にとどまり、その割合は4月までの20%台から今では2%台に低下をしております」

 「これに伴い重症者の数の増加にも一定の抑制が見られて、東京では人工呼吸器が必要な重症者の数は1月と比較しても半分程度にとどまり、そのための病床の利用率も2割程度に抑えられております。また死亡者の数も1月の水準と比較をし、大幅に低い水準にとどまっています。このように、ワクチン接種の効果が顕著に表れておりますが、それでもなお、強く憂慮すべきことがあります」

 「一つは、若い世代での感染が急拡大いたしていることであります。東京では30代以下の感染者の割合が7割に対し、中でも20代の感染者が連日、1000人を超えています。そして40代、50代の重症者が増加傾向にあり、1月と比較をしても1・5倍という水準となっております。このまま感染者の増加が止まらなければ、重症者数もさらに増加をし、病床が逼迫をする恐れがあります。また、新規感染者数の急増に伴い、保健所による入院の調整に大きな負担がかかり、自宅で待機する方も増えているのが現状です」

 「こうした状況を勘案し、ワクチン接種を進めながら、各地域でしっかりした対策を講じ、病床の逼迫を招かないように、緊急事態宣言、蔓延防止等重点措置のそれぞれの地域を拡大し、期限を延長する判断をいたしました」

 「これまでに経験のない新しい感染症との戦いのため、国民の皆さんには、1年半にわたり対策にご協力いただいておりますことに心より感謝申し上げます。一方で自粛の期間が長期化する中で、自粛疲れの広がりが懸念をされております。特に若い世代の方々からは『コロナが怖い病気ではない』。こうした声も聞かれます。感染対策よりも通常の生活や楽しみを優先させたいという気持ちもあると思います」

 「しかし、ご理解いただきたいのはデルタ株の出現によって、これまでとは変わり、若い世代の方々であっても重症化リスクが高まっており、感染後の重い後遺症に苦しんでいらっしゃる方がいるということであります。再三に渡る皆さまへのお願いですが、大変に心苦しい思いで、ワクチン接種がさらなる効果を発揮するまでの今しばらくの間、お一人お一人が、高い警戒感を持って、感染予防を徹底し、慎重な行動をとるようにお願いいたします」

 「デルタ株であっても、感染対策の肝は、マスクを外した会話の機会が多くなる飲食です。そして飲食の場における感染が、職場や家庭などにおいて広がっているという現実があります。マスクの着用、手洗い、3密の回避という基本的な防止対策を徹底して、とりわけ会話をするときに、マスクの着用を改めてお願いをいたします」

=(2)に続く

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus