国内

自民・世耕氏「GDPギャップ埋める規模必要」

 自民党の世耕弘成参院幹事長は3日の記者会見で、新型コロナウイルス禍の景気浮揚策となる追加経済対策を盛り込んだ補正予算について、日本経済の需要と潜在的な供給力の差を示す需給ギャップ(GDPギャップ)が「25兆~30兆円といわれている」と述べた上で「それを埋める(国の直接の財政支出である)真水の規模が必要だ」との考えを示した。

 世耕氏は、補正予算の編成時期については「当面は予備費でしっかり対応すればいい」と説明。「国民がポストコロナに向けて期待が持てるメッセージ性がある経済対策を考えていかなければならない」とも語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus