国内

菅首相が財界首脳を相次ぎ訪問、テレワーク徹底で協力要請

 菅(すが)義(よし)偉(ひで)首相は19日、経済同友会の桜田謙悟代表幹事と日本商工会議所の三村明夫会頭を相次ぎ訪問し、テレワーク徹底への協力を求めた。前日は経団連で十倉雅和会長と会談しており、財界首脳の元に自ら出向き、協力を「直談判」することで、感染防止の取り組みを加速させる考えだ。

 菅首相は桜田氏との会談で、テレワーク徹底による出勤者の7割減について、「ぜひ達成に向けご協力頂ければ」と述べた。これに対し桜田氏は「内勤者(の出勤率)はほぼ30%で対応できているが、工場などは40~50%にとどまっている」と説明。「コロナ禍が終わっても、テレワークが新しい働き方として必須だと総理ご自身が発信してほしい」と対応を求めた。

 首相は三村氏に対してもテレワーク徹底への中小企業の協力を要請。「(事業者への)協力金や雇用調整助成金など、やるべきことはしっかり対応させていただきたい」とも述べた。

 三村氏は、飲食店や旅館などが「非常に疲弊している」と中小企業の苦しい状況を説明。テレワークについても業種によっては導入が難しいほか、「パソコンやネットワークの整備が進んでいないところもある」と話し、対応に限界があることを訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus