国内

横浜市長選、政権の行方占う激戦に

 任期満了に伴う横浜市長選は22日、投開票される。過去最多の8人が立候補し、立憲民主推薦の元横浜市大教授、山中竹春氏(48)と前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)が激しく競り合う展開。地元の菅義偉首相は小此木氏を全面支援しており、自民党総裁選や次期衆院選を控え、政権の行方を占う戦いとなっている。

 選挙戦は、市が進めてきたカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非が最大の争点。4選を目指す現職の林文子氏(75)ら2人を除く6人が誘致に反対している。

 事前の投票動向調査などによると、共産、社民の支援も受ける山中氏と、自民、公明の組織票に期待する小此木氏が激しく競り合う展開。林氏が自民の一部市議の支持を得て追う中、元長野県知事の田中康夫氏(65)、元神奈川県知事の松沢成文氏(63)も支持拡大を狙う。

 候補者が多数に上るだけに、票が分散することで最多得票者が法定得票数を満たせず、再選挙になる可能性も指摘された。公職選挙法によると、最多得票数が有効投票数の4分の1以上とならなかった場合、再選挙となる。異議申立期間の後、50日以内に再選挙を行わなければならない。

 総務省によると、首長選の再選挙は全国で、昭和54年の千葉県富津市長選や平成29年の同県市川市長選など6例しかない。

 再選挙になった場合、政令市としては15年の札幌市長選以来、18年ぶりとなるが、各陣営とも最終局面で必死のてこ入れを図るもようで、予断を許さない状況が続いている。

 【横浜市長選立候補者(届け出順)】 元市議の太田正孝氏(75)▽元長野県知事の田中康夫氏(65)▽前国家公安委員長の小此木八郎氏(56)▽水産仲卸会社役員の坪倉良和氏(70)▽元衆院議員の福田峰之氏(57)▽元横浜市大教授の山中竹春氏(48)=立民推薦▽現職の林文子氏(75)▽元神奈川県知事の松沢成文氏(63)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus