国内

首相、北ミサイルを「言語道断」と非難 安全保障会議開催へ

 菅義偉(すが・よしひで)首相は15日、北朝鮮が弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射したことについて「わが国と地域の平和と安定を脅かすものであり言語道断だ。国連安全保障理事会決議にも違反しており、厳重に抗議するとともに非難する」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

 首相はまた、同日中に国家安全保障会議(NSC)を開催して対応を協議するとともに、米国や韓国など関係国と緊密に連携する方針を示した。その上で「国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜いていく」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus