国内

菅首相「退任後は政策的な仕事したい」 記者団のやり取り詳報 

 訪米中の菅義偉首相は25日午前(日本時間同日夜)、米ワシントンのホテルで同行記者団と懇談し、首相退任後について「政策的な仕事をしていきたい」と述べた。やり取りの詳細は以下の通り。

 --新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令中の緊急事態宣言は月内に解除するか

 「デルタ株による爆発的な感染拡大について医療体制の確保、ワクチン接種、感染防止策の3本柱の中で懸命に取り組んできた。一時は全国で1日2万5000人を超えていた新規感染者数が3000人程度になってきて急激な減少が続いている。また、自宅での療養者は一時は13万人を超えていたが、3万人に減るなど状況は確実に好転している」

 「宣言の解除については専門家から病床の利用率や重症者数、ワクチンの接種状況、こうした基準が示されており、週明けに改めて状況をよく分析した上で、専門家の皆さんの話をうかがい、判断したい。今月末の期限については現時点では何も決めていない」

 「政府の方針である基本的対処方針がある。これに基づいて、新しい首相のもとで進めていくことになるだろうと思う」

 --感染状況が好転している要因は

 「ワクチン接種が進んでいるのが大きいのではないか。2回接種が米国においては(対象人口の)50%少し手前から感染者が減少し始めている。日本の進捗(しんちょく)状況は1回接種とも、2回接種とも(対象人口の比率は)米国を超えている。やはり接種が予定通り進んでいることが大きいのではないか」

 「7月までに65歳以上の高齢者は2回接種を終えたいと申し上げてきた。そのためには1日100万回を超える接種が必要だということで、7月は平均で150万回接種されている。8月、9月も100万回を超えている。そうした体制が進んで高齢者の感染者の割合が大幅に減少した。50代の人のワクチン接種も順調に進んでいる。やはりワクチン接種が(感染者)減少の大きな要因ではないか」

 --自民党総裁選で河野太郎ワクチン担当相が提唱する最低保障年金制度に批判が出ている

 「候補者が、自分が首相になったら、これをやりたいという議論をすることは良いことだ。総裁選の中で、それぞれの候補者が政策を掲げて議論する。そうしたことはある意味で望ましい。年金についていえば、働く世代が減り、受給世代が増える。医療費についても、高齢者医療費について思い切って現役の負担を少しでも下げられるような仕組みで、(高齢者の医療窓口負担を)引き上げさせていただいた。いろんな考え方があって、議論することはいいことだと思っている」

 --24日の日米豪印首脳会合で脱炭素についてやり取りは

 「気候変動問題だが、これについては今回の首脳会合の主要テーマの一つであり、私自身、その議論をリードさせていただいた。私からは世界の脱炭素化にむけて日米豪印が連携して具体的な協力を積み重ね、4カ国の知見を東南アジア諸国などに提供するなど地域全体に広げていく重要性を訴えた。3人の首脳からは賛同の意が示された」

 「日米豪印の首脳間で港湾、海運、脱炭素化や水素などの分野で具体的な協力を進めていくことが確認された。世界全体のメタン排出の削減を目指してバイデン米大統領が主催する『グローバル・メタン・ブレッジ』へのわが国の参加を表明した。いずれにしろCOP26(国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議)の成功、その先に向けて、日米豪印の4カ国で国際社会をリードしていく。そうしたことも大事だということで4首脳で合意した」

 --次期首相に入閣を要請された場合、受ける考えはあるか。今後、派閥を作る考えは

 「私自身は、仮定の話になるが、そうしたことを受ける気持ちはまったくありません。やはり私自身が取り組んできた、その中でこれが必要だなということについて、政策的な仕事をしていきたい。このように思っている」

 --コロナ対策への関わり方は

 「コロナが日本で騒がれはじめた(中国の)武漢から邦人を帰国させるためのプロジェクトをやった。また、横浜のクルーズ船の中で確か30数人を検査したら、30人ぐらいの陽性が出た。その夜から対策を始めてきた。当初は全体像がなかなか分からない中での戦いだったが、やはりワクチンがコロナ対策に間違いなく効く。海外でも事例として出ているので、そういう武器を手に入れている」

 「私自身、やはりワクチンということで、1日100万回(接種)を目標にやってきたが、それをはるかに超える状況の中でワクチンが接種が進み、10月から11月の早い時期には国民の望む方皆さんに2回接種を終えたいと申し上げているが、そういう方向で進んできていることは事実だ」

 「さらに抗体カクテルという軽症の方が重症にならない療法もできている。東京都で投与してから2週間経過し、420例について95%の人が治っているという。420人の中で、お亡くなりになった方がお一人だったと思う。この薬も、外来や往診にも使えるように対策を取った。さらには経口薬も早ければ年内にも実用化できる可能性がある。コロナと戦う武器も出てきているので、早め早めに対応をしていけば怖くないというところまで、何とか国民の皆さんの実感として感じていただけるところにまで進めていきたいと思っている」

 「今までまったく正体の分からないものから、だんだん、だんだんと医療の力で(ワクチンや抗体カクテル療法の効果が)確認されてきているので、(感染状況も)大幅に改善をしてきていることも事実じゃないでしょうか。現に65歳以上の方で、接種2回終わった方は、コロナにかかる確率が圧倒的に減ったので、そうした効果が出ている(といえる)。ワクチンと抗体治療薬、経口薬を使いながら重症化を防いでいくことに取り組むことが必要だ」

 --緊急事態宣言を解除した後の対策は

 「全国で新規陽性者が多い時は2万5000人ほど、それが現在は3000人程度になっている。病床の利用率、重症者数もしっかり視野に入れながら対応することが大事だ。先ほど申し上げましたが、ワクチンの進捗状況を見ながら、専門家の意見をうかがい総合的に判断したい。今の時点で解除する、しないは決めているわけではない。状況を見ながら専門家と相談して判断する」

 --日米豪印首脳会合で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をめぐるやり取りは

 「日米豪印首脳会合の中でTPPに関する言及は確かにあった。しかし、各国とのやり取りなので、それ以上の議論の詳細については控えさせていただきたい」

 --ワクチン接種証明書の活用は

 「ワクチン証明書の発行は役所で行っている。これをさらに便利な、海外でも使われているようなものにすることについて研究をしている。当然そうしたことは必要だと思っている。海外の事例も参考にしながら取り組んでいるところなので、全体をみながら導入するとか、そういうことも含めて、しっかり申し上げたい。まだ、緊急事態宣言を解除するもなにも決めていないので、そうしたことも当然視野に入れながら取り組んでいる」

 --首相からバイデン大統領にTPPの復帰を呼びかけたか

 「日米首脳会談だが、バイデン大統領から私に対して、さまざまなこの1年間の言葉をちょうだいした。あるいは夫人からごあいさつを受けた。そうした話だったので首脳会談では(TPPに関する協議は)行っていない」

 --日米豪印首脳会合の中では

 「(TPPに対する)米国の復帰は重要だと、私どもは思い続けている。その上で、クアッド(日米豪印首脳会合)の中でのやりとりの詳細については、控えさせていただきますということを申し上げさせていただいた。そういうことだ」

 「米国の復帰が重要であるということは、日本の基本的な考え方だ。米国には、ぜひ復帰が重要だと日本は言い続けている。ただ、今回のクアッドのなかのやりとりについては控えさせていただきます、ということだ」

 --緊急事態宣言を4回発令したが、コロナ対策として有効か

 「有効でないかどうかということであれば、そこは有効だと思う。ただ、日本は海外のようにロックダウン(都市封鎖)はしない中で対応しようということで、緊急事態宣言で対応させていただいている。そういう中で、切り札といわれるワクチン、有効な薬が出ている。また、医療体制の確保はいろんな問題があったが、しっかり対応できるように努力している。総合的に対応して、できれば(緊急事態宣言が)ない方がいいわけなので、そうしたことを駆使しながら、新しい首相のもとでもそうした方向で進めていくということになるだろうと思う」

(ワシントン 田村龍彦)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus