株価・外為

東京円、114円台後半 3年11カ月ぶり円安水準

 20日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して値下がりし、一時1ドル=114円70銭近辺で取引された。2017年11月以来、約3年11カ月ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は前日比61銭円安ドル高の1ドル=114円62~63銭。ユーロは49銭円安ユーロ高の1ユーロ=133円35~39銭。

 米長期金利の上昇により日米金利差の拡大が意識され、円を売ってドルを買う動きが先行した。日米で株価が上昇したことも投資家心理を和らげ、比較的安全な通貨とされる円の売りを促した。

 市場では「原油先物価格の上昇で円は資源国通貨に対しても売られやすく、全面安の様相だ」(外為ブローカー)との声があった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus