国内

福島県の水産物拡販へ仕組みづくり 復興副大臣、支援事業活用の飲食店視察

 復興庁の横山信一副大臣は29日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に取り組む福島県の水産物の販路拡大に向け、東京都渋谷区の飲食店「ALMA(アルマ)」を訪れ、意見交換した。同店は復興庁の支援事業を通じて、同県産の魚介を使った料理を提供している。福島・相馬の地魚のサッタロウを使った料理を試食した横山氏は「安全でおいしい福島の魚をしっかりと届ける仕組みを作っていきたい」と述べた。

 アルマなどの飲食店10店を経営するクラシック(渋谷区)は、被災地の企業などに専門家を派遣しサポートする復興庁の事業を活用。地方の食材提供を手掛けるグローバルフーズ(品川区)の仲介で同県産の魚介を使うことになった。グローバルフーズの千葉賢弥社長は「1回限りではなくグランドメニューとして取り入れてもらえるよう働き掛けている」と説明。クラシックの萱場俊克社長は「産地の情報の提供を受けられるメリットは大きい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus