国内

立民・枝野氏、2日までに代表職の進退判断

 立憲民主党の枝野幸男代表は1日午前、衆院選で公示前勢力(110議席)を下回る96議席に終わったことを受け、代表職の進退について2日までに判断する考えを示した。東京都内で記者団に「何人かと相談し、明日の党執行役員会までに考え方を示す」と語った。

 衆院選の敗因や共産党との選挙協力の成否については「しっかり分析したい」と述べるにとどめた。

 枝野氏は1日午前、支持団体「連合」の本部を訪ね、芳野友子会長と会談した。枝野氏によれば、衆院選の結果について謝罪し、芳野氏は「参院選に向けてしっかりやってほしい」と話した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus