SankeiBiz for mobile

ディーゼルエンジン“満タン”でどこまで行ける? ボルボ「V60」を試す!

記事詳細

ディーゼルエンジン“満タン”でどこまで行ける? ボルボ「V60」を試す!

配信元:PRESIDENT Online 更新

 「満タン」ディーゼル車で西に向かう

 日本の乗用車マーケットにおいて、長らく日陰の存在となっていたディーゼルエンジンを搭載するモデルがこのところ急速に増えている。日本でのディーゼルムーブメントの火付け役は2012年にクロスオーバーSUV『CX-5』を皮切りにディーゼルの展開を大々的に推し進めたマツダだが、そのマツダに続いたのは国内のライバルではなく欧州車勢だった。

 早かったのはBMWで、2リットルターボディーゼルを幅広くラインナップしたところ、モデルによっては5割超をディーゼルが占めるようになった。それを見て、ディーゼルの投入自体はずっと早かったメルセデス・ベンツはV6に加えて4気筒の2.2リットルターボディーゼルを追加。8月29日発売のジャガーのコンパクトサルーン『XE』には最初から2リットルターボディーゼルが設定されている。また、フォルクスワーゲン、プジョーなど他のブランドもディーゼル投入を表明している。

 その欧州勢のディーゼル、日本でのパフォーマンスはいかほどのものなのか。昨年、プレジデントオンラインでBMW『320d M Sport』を500kmあまりテストドライブした様子をリポートしたが、今回はもっとハードに、満タン給油後、ワンタンクでどのくらい走れるものかチャレンジしてみることにした。テスト車両は7月にスウェーデンのボルボが一挙に5車種投入したディーゼルモデルのひとつで、ミドルクラスのステーションワゴン『V60 D4 R-DESIGN』である。

ランキング