SankeiBiz for mobile

神経すり減らしたスマホ開発陣 ポケモンGO熱狂の裏で…検証作業に奔走

記事詳細

神経すり減らしたスマホ開発陣 ポケモンGO熱狂の裏で…検証作業に奔走

更新

 7月6日に米国などで配信が始まってから1カ月間で、日本を含む全世界でのダウンロード数が約1億3千万回に達したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」。ギネス世界記録に認定されるほどの爆発的な人気だが、ダウンロードをめぐり日本ではちょっとした“騒動”があった。経営再建中のシャープでは、同社製スマホの一部機種でダウンロード障害が起き、開発スタッフが対応する全機種で3匹捕獲し動作確認。非対応機種も販売する格安スマホ「マイネオ」もブログで対応機種を明示し顧客対応にあたった。携帯各社やメーカーは、突如出現した“モンスター”アプリに右往左往した。(石川有紀)

 全機種で「検証」

 先行配信された米国などで人気が沸騰したこともあり、日本国内でも期待が高まっていたポケモンGO。7月22日午前10時に事前予告なしでリリースされ、東京や大阪など都市部では直後から回線が混み合いダウンロードや起動がしにくいトラブルも起きていた。

 そんななか、アプリ開発会社ナイアンティック(米国)が対応要件としている仕様(Android 4・4以降、RAM2GB以上)を満たすスマホにもかかわらずダウンロード障害が発生し、ネット上で「遊べない」と批難の集中砲火を浴びたのがシャープ製スマホだった。

このニュースのフォト

  • 国内で配信がスタートした「ポケモンGO」。「ログインできませんでした」のスクリーンキャプチャ
  • 国内で配信がスタートした「ポケモンGO」。道頓堀に現れたポケモン=7月22日午前、大阪市中央区の戎橋(南雲都撮影)

ランキング