SankeiBiz for mobile

MRJ3号機が名古屋で初飛行 4機目、残りは1機

記事詳細

MRJ3号機が名古屋で初飛行 4機目、残りは1機

更新

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験3号機が22日、愛知県営名古屋空港(豊山町)で初の飛行試験を実施した。飛行したのは全5機の試験機のうち4機目。

<< 下に続く >>

 国の安全性認証を取得するには計2500時間の飛行試験が必要で、三菱航空機は膨大なテスト項目を各機で分担する方針だ。既に1、2、4号機が飛行試験に入り、残る5号機も飛行の準備を進めている。3号機は黒いラインが入った外観が特徴。主に急旋回や急降下など飛行特性の試験のほか、自動操縦機能や電装部品の動作確認を担うという。三菱航空機はMRJの初納入時期を2018年半ばとしている。2機が米国に渡っており、飛行試験を加速させる。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です