SankeiBiz for mobile

MRJ初飛行1年、現地ルポ 米国で開発加速 親日の町は歓迎ムード

記事詳細

MRJ初飛行1年、現地ルポ 米国で開発加速 親日の町は歓迎ムード

更新

 三菱航空機(愛知県豊山町)が開発する国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験機が初飛行してから11日で1年となる。10月に飛行試験を始めた米国を舞台に開発を加速させる方針だ。MRJが飛行試験を始めた米軍の訓練機が飛び交う米西部ワシントン州のグラントカウンティ国際空港は日の丸ジェット到来に、親日の町は歓迎ムードに包まれている。

<< 下に続く >>

 「成功へ全面支援」

 西海岸シアトルから車で東に約3時間。空港は人口約2万人の湖畔の町モーゼスレイクにある。5本の滑走路のうち1本は、米国で最長クラスの4116メートル。ここに三菱航空機が設置した拠点が「モーゼスレイク・フライトテスト・センター(MFC)」だ。

 9月末、滑走路に面した広さ約6000平方メートルの格納庫で、試験1号機の周囲に技術者が集まり、エンジン内部をのぞき込んで作業していた。飛行中の通信やデータ解析を担う事務棟も併設する。晴れの日が多い現地では計画が天候に左右される心配が少ない。使える空域も日本より格段に広く、1日に複数回の飛行試験を実施できる。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です