Bizプレミアム

ブロックチェーンが描くアーティストと買い手の未来図 武田双雲もNFT参入

SankeiBiz編集部
SankeiBiz編集部

 暗号資産(仮想通貨)の基盤技術として知られるブロックチェーン技術を応用し、複製可能な画像や映像のデータを“一点物”にする「NFT」(非代替性トークン)と呼ばれる新たなデジタル資産の取引が注目を集めている。ゲームなどで活用されている技術だが、アート作品のオークションでの高額取引が相次いでおり、米国出身のデジタルアート作家「ビープル」ことマイク・ウィンケルマンさんのデジタル作品が約6930万ドル(当時約75億円)で落札されるなど入札価格が高騰。バブルの様相を呈している。日本でも、書道家の武田双雲さんが参入、2作品をそれぞれ出品し注目を集めた。NFTはアーティストと買い手の関係をどう変えていくのか。

武田双雲、実はバリバリの理系

 NFTをたとえるなら「プロ野球選手のサインボール」のようなものだ。元々は量産品であっても、有名選手がサインをして、それを球団などが本物だと認めたならば、他のボールと“代替不可”の価値を持つことになる。

 実物と違い、デジタルデータである画像や映像のコピーを作ること自体は簡単だが、誰もが“台帳”を持って改ざんを相互監視するブロックチェーン技術を活用しているので、NFT所有者の権利を不正に書き換えることは難しい。ツイッターの投稿のようなネット上のデータでも複製や改竄(かいざん)が不可能で、第三者による検証なしに真正性を証明できるという特徴を持つ。

 インターネット上の交流が発達した現代だからこそ、誰もがアクセス可能なデータを所有することにステータスや資産価値を見出す風潮が生まれ、NFTブームを後押ししたと見る向きもある。

 今年上旬にブームが大きくなり、ツイッターのジャック・ドーシーCEOの「最初のつぶやき」が約291万ドル(同約3億2000万円)、日本のVR(仮想現実)アーティスト・せきぐちあいみさんの作品が1300万円で落札されるなどの成功例が生まれているが、まだあまり馴染みのない技術であることは間違いない。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング