SankeiBiz for mobile

【知ってる!?】運転支援システム(2)疲労を軽減、運転にゆとり

ニュースカテゴリ:暮らしの生活

【知ってる!?】運転支援システム(2)疲労を軽減、運転にゆとり

更新

クルーズコントロール機能を使い、前のトラックを追従中  普及が進む運転支援システムの効果を富士重工業の「フォレスター」で試してみた。

 フォレスターに搭載されているシステム(アイサイト)は、クルマなどの検知にステレオカメラを使用している。多くの機能の中でも便利さを実感するのが、前を走行する車両を認識し、一定の車間距離を保ってアクセルとブレーキを自動的に制御するクルーズコントロール機能。ドライバーはハンドル操作だけに集中できるため、運転にゆとりが生まれる。特に、渋滞による長時間のノロノロ運転には効果てきめん。疲労感が明らかに違う。

 まさかのときに急停車させるプリクラッシュブレーキ機能も頼りになる。障害物などに近づき過ぎると警告音を鳴らし、それでもドライバーが反応しないと急ブレーキをかけて、衝突を避けるというものだ。実際に試してみると、かなり強くブレーキペダルを踏み込んだ感じでブレーキがかかる。

 また、アクセルとブレーキを踏み間違えて急発進するトラブルを防ぐAT誤発進抑制制御機能、走行中に車線を逸脱すると警告するなどの機能も備えている。

 これらの安心機能に頼り過ぎるのは禁物だが、一度体験すると手放せないと感じる優れものだ。大半のドライバーが搭載車を選択するのも納得する。(取材協力 富士重工業)

ランキング