SankeiBiz for mobile

他人の作ったおにぎり、4人に1人が「いや」 人間関係に水を差すことも

記事詳細

他人の作ったおにぎり、4人に1人が「いや」 人間関係に水を差すことも

更新

 他人の作ったおにぎりが食べられない、という人が少なくない。小学生の4人に1人が「抵抗がある」と回答している最近の調査結果もある。時には人間関係にも水を差しかねない問題だけに、食べられない人の悩みは深い。なぜ、食べられないのだろうか。(兼松康)

 「潔癖症じゃない」

 「子供の頃、運動会などで友達のお母さんにおにぎりを勧められるとつらかった」。東京都内に住む会社員の平本秀子さん(44)=仮名=は他人の作ったおにぎりが食べられない。

 「決して自分は潔癖症ではない」と前置きしたうえで、「他人の手に付いているかもしれない黴菌(ばいきん)などを想像してしまう。他人の家だと衛生環境も分からないし、水回りなどが汚いかも、と想像するとダメ。おにぎりを握るときは手がぬれているし、水分を介して不潔な物が付いているかも、という思いが拭えない」

 自分の親が握ったおにぎりは食べられるし、コンビニエンスストアのおにぎりなどは「機械で作られたと思っているから」大丈夫だという。

ランキング