ライフ

「公的年金は日本社会・経済の縮図」 "ミスター年金"が論破する公的年金潰れる説

 少子化対策はもちろん大事ですが、18年生まれた子どもが支え手になるまでには20年かかりますから、同時に足元の対策が必要です。元気な高齢者には働いてもらう、より多くの女性が普通に働けるようにする、若い世代をフリーターなどで無駄に使わないでちゃんとフルタイムで働いてもらう、ということです。

 大きな視点で公的年金制度の持続可能性、財政の安定と老後の所得保障の両立を考えるのなら、雇用と年金をセットにした制度設計がぜひとも必要です。現役の雇用と所得の保障が公的年金制度の安定とその人自身の老後保障につながるからです。

 「日本社会の課題」とか言って他人任せにして、公的年金制度は自分では何も改革しないのか? と言われそうです。もちろんそんなことはありません。

 この厳しい20~30年間を乗り切るために公的年金制度では2つの仕掛けを用意しています。1つは積立金の活用です。日本の年金積立金は約170兆円(2017年3月末)。日本の公的年金基金(GPIF)は世界最大の年金基金です。この積立金と運用益を計画的に取り崩して給付に回すことで、現役の負担上昇や高齢者の給付水準低下を抑制します。

 もうひとつが「マクロ経済スライド」です。それは簡単に言えば「現役世代が負担できる範囲に収まるように年金給付を調整する」という仕組みです。年金給付は実質価値維持のため物価スライドしますが、一定の計算式に従ってこのスライド率を割り引くことで年金の実質水準を引き下げ、年金給付総額を調整して長期的な収支バランスを確保する、というのがマクロ経済スライドです。

 この仕組みの導入によって公的年金財政は安定しましたが、給付水準は少しずつ引き下げられていきます。マクロの制度は維持できてもミクロ、つまり個々の受給者にとっての年金の所得保障機能は縮小していくわけです。そして当然ながらマクロ経済スライドによる調整が長期化すればするほど、給付水準はより大きく低下します。なので、この仕組み導入後の公的年金制度の課題は、ミクロの給付をいかに守るか、つまりマクロ経済スライド調整期間をいかに短くするか、ということになります。

 そもそもこの「マクロ経済スライド」は、永遠にやりつづけるものではありません。年金財政の長期的収支が確保できればそこで終わりになります。端的に言えば「胸突き八丁」を乗り切るための仕掛けなのです。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング