記事詳細

「ご近所限定SNS」人気の理由 子育て世代にヒット、自治体にも広がる輪

更新

 例えば、子育て中のお母さんはこんな投稿を。

<< 下に続く >>

 「○○クリニックは、待ち時間がないので子どもを受診させる際、とても助かります。院内はきれいに整理整頓されており、先生の診察はスムーズです」

 「来年の春から子どもを○○保育園に入れたいと思っています。いま通っているお子さんをお持ちの方、どんな保育園なのか、よろしければ教えてください」

 「近所で安心して診察してもらえる動物病院をご存知でしたら、教えてください。引っ越してきたばかりなので、どこへ行けば良いのかわからないんです」

◆利用者同士で交流の輪も

 SNSは他にも数多くあるが、なぜヒットしているのだろうか? このサービスを立ち上げた株式会社マチマチ代表取締役CEOの六人部生馬さんに聞いてみた。

 「インターネットは便利ですが、整理されずにバラバラの状態で情報が存在しているという弱点があります。ですので、狭いエリアの情報を探そうとすると、どうしても余計な情報が混在してしまう。欲しい情報を見つけるのに、手間と時間がかかってしまいます。例えば、保育園や病院などは、その地域に住んでいる人に聞くのが一番早いですし、信頼性も高いです」

 「また、これまで地域の情報に特化したメディアがなかったこともあり、マチマチを立ち上げました。『ひらかれた、つながりのある地域社会をつくる』というミッションで運営しています」

このニュースのフォト

  • 「マチマチ for 自治体」のトップページ。コミュニティの活性化に一役買っている
  • 「マチマチ」は子育て世代のお母さんが多く利用している(写真はイメージ、マチマチ提供)

ランキング