試乗スケッチ

名車「N360」を受け継ぐ軽カー 新型「N-ONE」にホンダの本気を見た

木下隆之
木下隆之

原点を忘れまいとするこだわり

 新型「N-ONE」が誕生した。ホンダの軽カーの主力モデルであり、象徴でもある。

 そのキュートなスタイルは、ホンダ乗用車の原点である「N360」のオマージュ。1966年に発表されたそれは、小さなボディに高性能なエンジンを搭載しており、世間の注目を浴びた。ホンダの思想そのものであり、そのコンセプトが最新のN-ONEに受け継がれているのだ。

 それが証拠に、新型となっても外観の変更はほんのわずかだ。テールランプやラジエターグリルに細やかな意匠変更が加えられているだけだ。

 メカはミニマムに、マン(人のための空間)はマキシマムに。ホンダの「M・M思想」の具体である。先代のスタイルを踏襲したのは、原点を忘れまいとする頑固なホンダのこだわりであう。ということはつまり、さらに遡(さかのぼ)ればN360にたどり着く。

 「N360」から受け継がれたのは、スタイリングだけではない。四輪車としては異例の高回転型エンジンを搭載。当時としては稀有な4速マニュアルミッションを組み込んでいたN360のスタイルを、現代流エンジニアリングの世界でも追い求めている。

 N-ONEは、直列3気筒660ccを基本に、ターボとNAの2タイプのパワーユニットを揃える。駆動方式も選択豊かで、FFに加え4WDのチョイスも可能だ。そんななか、最強ターボエンジンを搭載するモデルに「RS」設定、なんと6速マニュアルミッションと合体させてしまったのだから驚きだ。しかも駆動方式はFF。これによって古今東西初の「FFターボ+6速マニュアルミッション」搭載の軽自動車が実現したのである。

 走りは活発である。最高出力は64ps/6000rpm、最大トルク104Nm/2600rpm。いくら車両重量が840kgと軽量であるとはいえ、目の覚めるような加速を見舞うわけではない。だが、限られたパワーを引き出すために、こまめにシフトチェンジを繰り返すのは楽しい。速い遅いというデジタルな尺度ではなく、走ることそのものの喜びが充填されているのだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング