試乗スケッチ

レクサスの中で“最上”の走り味 「ES」は奥ゆかしい日本人らしい高級車

木下隆之
木下隆之

 控えめなキャラクター

 あらためて「レクサスES」のドライブフィールに触れると、体の芯がほわっと温まるような感覚に陥る。エンジンフィールは慎ましく、フットワークはエレガントである。佇(たたず)まいやその所作のすべてが紳士的であり、品格がいい。ちょっと大袈裟にいうのならば、これぞ日本的美学に彩られた高級車である。

 そんなレクサスESが進化して登場。上質な感覚に先進的なスパイスが見事にマッチする。

 レクサスESは、華やかなレクサスブランドの中において実に控えめな存在である。2005年にレクサスブランドが日本市場に逆輸入されてからも、ESが表舞台に引き上げられることはなかった(レクサスはトヨタの高級ブランドとして、1989年に米国で誕生。アメリカでの成功を手土産に、2005年に日本でフランド展開が始まった)。

 というのも、ハイブリッド専用車という強烈な個性があるにもかかわらず、ESはトヨタ SAIと近似しており、トヨタブランドとレクサスブランドを明確に分けたがっていたレクサスにとって、ブランド訴求しづらいモデルだったからだ。

 もう一方で、華やかさに欠ける点も無視できない。レクサスLSのように威風堂々としたオーラを発散しているわけでもなく、レクサスGS(絶版車となってしまった)ほど骨太ではない。当時のレクサスは、落ち着きよりもアグレッシブなブランドとしての道筋を歩んでおり、その意味では、控えめなキャラクターのレクサスESは訴求しづらかったのだ。レクサスISほど活発でもなく、控えめな存在でいた。知名度も低いのである。

 ただし、最新型は実に素晴らしい。地味なそぶりは払拭されてはいないが、だからこそここで、レクサスESの高級感を再確認していただこうと筆を執った。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング