試乗スケッチ

アウディ初のEV「e-tron」は高級感あふれる“アーバン4WD”の佇まい

木下隆之
木下隆之

 コンパクトEVとは別次元の破壊力

 「e-tron」はアウディ初のEV(電気自動車)となる。世界初に挑むことの多いアウディにしては遅きに失した感が拭えないが、アウディ史上画期的なモデルであることに疑いはない。

 特徴的なのはe-tronがミドルサイズのSUVであることだ。それが意味するところは深い。三菱「i-MiEV」(アイ・ミーブ)や日産「リーフ」のようなコンパクトクラスにすることなく、決して小さくないSUVとしてデビューしたことは、圧倒的な動力性能と長い航続距離を狙ったことにほかならない。

 全長は4900mmであり、全幅は1935mm、全高は1630mmに達する。およそ700kg超のバッテリーを搭載しているから、車両重量は2.4トンを超える。重量級EVなのである。

 市街地の移動で重宝するシティーコミューターではなく、ダイナミックな使用を前提としているのだ。欧州では国から国の移動も少なくなく、しかも長い移動距離と高い速度レンジが特徴のドイツでは欠かせない要件だというわけだ。

 定格出力は165kW。最高出力は230kW。最大トルクは540Nmに達する。電気モーターの特性で、発進の加速は鋭い。2.4トンのボディをスルスルと、わずかに近未来的な金属音を響かせて加速させる。アクセルペダルを床踏みしてもそれほど速度が積み重なっていくわけではないが、少なくとも軽量コンパクトEVとは別次元の破壊力がある。

 電子制御エアサスペンションを組み込んでいることもあり、乗り味は上質だ。ダウンヒルコントロールが組み込まれ、オフロードドライブの設定があることから、おそらく本格的なオフロード走行もこなすのだろうが、そうは思えぬほど高級感に溢(あふ)れている。圧倒的な走破性を包み隠したアーバン4WDの佇(たたず)まいである。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング