クルマ三昧

エンジン開発から解放された新興自動車メーカー 押し寄せるEV化のうねり

木下隆之
木下隆之

 電気自動車(EV)化は可能性を大きく広げる形態である。というのも、比較的構造がシンプルな電気モーターとバッテリーを主体とするEVは開発が容易だからだ。米EV大手テスラを代表とする新興EVメーカーが増えたのも、内燃機関というもっとも複雑な機構を開発せずに済むからである。

 中国が国を挙げてのEV化に邁進するのは、自動車開発での遅れを取り戻すためだ。いまさら内燃機関の開発を進めても、これまでの長い歴史がある欧米や日本に太刀打ちすることは不可能とみた中国は、EV化によって逆転のシナリオを描いている。それほど内燃機関の開発は複雑であり、EVは開発が単純なのだ。

 トヨタ自動車の豊田章男社長が会見で、まっしぐらにEV化へと突き進むことの懸念を口にした。原発が稼働せず、再生可能エネルギー率が低い現状の日本のエネルギー環境においてEVが増えれば、一般家庭に回る電気エネルギーが制限されると不安を語った。

 同時に、これまで内燃機関の開発を支えてきたメンバーの雇用も心配したのである。内燃機関には多くの技術があり、数多くのパーツが複雑に組み合わされる。それを支えるのは世界各地にネットワークを広げているサプライヤーである。ネジを一つ一つ作る町工場から、大量生産の大工場が欠かせない。こうした背景からも内燃機関が簡単に開発できないことが想像できる。

 

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング