試乗スケッチ

レクサス初のPHEV新型「NX」誕生 電動化ビジョンが本格始動か

木下隆之
木下隆之

 レクサス初のPHEV(プラグインハイブリッド)となる新型NXの全貌が、プロトタイプながら明らかになった。レクサスも世界の潮流であるカーボンニュートラル(脱炭素)に倣い、電動化ビジョンを発表。日本で唯一の高性能ハイパワーエンジンをリリースしつつ、一方で徹底したハイブリッド戦略を進めてきた。

 先にはコンパクトSUV「UX」の電気自動車(EV)モデルを発売。レクサスブランドに限定すればモデルラインナップは限られているが、内燃機関からEVまで魅力的な品揃えに余念がない。今回発表された新型NXにPHEVが加わったことで、全方位的なパワーユニットをラインナップする思想を語る。

 伝統と先進を美しく表現

 NXはレクサスブランドの中核をなすSUVである。コンパクトSUVとしてUXがあり、上級モデルが「RX」、そしてさらに最上級に「LX」がある。サイズ的にも中庸で、日本の道にジャストな車格が与えられている。販売が安定して好調なのもうなづける。レクサスのヒット作の一つなのだ。

 全長は4660ミリ、全幅は1865ミリ、全高は1640ミリ、ホイールベースは2690ミリ。先代モデルに比較して、わずかに拡大している。デザイン的にはキープコンセプトであり、NXの個性の源だったCピラーの造形、フロントのスピンドルグリルからテールエンドのコンビネーションランプにいたる“筆さばき”は先代を踏襲している。だが新鮮味が色濃く漂っており、伝統と先進を美しく表現している。

 話題のPHEVは、直列4気筒2.5リッターハイブリッドをPHEV用に修正したものであろう。だが、総電力量18.1kWhのバッテリーを搭載するというのだから、電気モーターだけで約70キロほど走りきれるのだろうと想像する。

 駆動方式はAWD(全輪駆動)。フロントとリアにそれぞれ電気モーターを搭載し、前後駆動配分が100:0~20:80の範囲で可変する。燃費と加速力だけでなく、踏破性や操縦性をも整えている。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング