学生から金融大国へ USIC通信

「学生」が株主総会に“潜入”!? そこで見えた光景と注目する経営者とは

学生投資連合USIC
学生投資連合USIC

(2)株式会社ユーグレナ 出雲充氏

 緑色のネクタイが特徴的な出雲さん。バングラデシュを訪れ、栄養失調で苦しむ子供たちを目の当たりにし、栄養豊富な食材の存在を求め、出会ったのが藻の一種、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)だという。動物と植物、両方の性質を持つことから豊富な栄養素で食料問題を解決できる糸口を示すだけでなく、無限の可能性について熱く語る。食料だけはなく、繊維・飼料・肥料・燃料など応用できる分野は多岐にわたる。

 2005年に世界で初めて屋外大量培養技術の確立に成功して以来、様々に研究・商品化しているが、注力しているのがバイオ燃料だ。進捗状況は逐次リリースされているが、兼ねてから、必ずや実現させるという姿勢が熱い語りからひしひしと伝わってくる。「人と地球」を健康にするミドリムシの会社から、Sustainability Firstのサステナビリティの会社へと新しい一歩を踏み出した同社。ミドリムシについてもっと知ってほしい!という思いから、自然に出てくる大きな身振り手振りと、どんな困難にでも挑戦する熱い眼差しが印象的だ。聞いているだけでもワクワクする可能性の数々。こちらも是非、一度見て頂きたい。

■参加するうえでの心構え

 株主総会は、株式会社における最高意思決定機関である。株主は、「自益権」(配当などの経済的な利益を受け取る権利)と「共益権」(経営面での権利)が認められている。これらを根拠に総会が重要な役割を担っている。いわば、株主は会社を監督・監視する立場にあるともいえる。

 我々学生は経営陣が企業の頂点にいることを想像しがちだが、トヨタ自動車のような日本を代表する企業であっても、株主総会を頂点にコーポレートガバナンス体制が築かれており、如何に重要かお分かりいただけるだろう。(もちろん、経営陣自身が大株主である場合もあり、一概には言えない)

 学生が大口を叩くなといわれてしまいそうだが、学生であっても株主であるからには、「社長に会えて光栄」、「会社に物申すなんて恐れ多い」といわず、熱心に審議し、議決権行使をする、心掛けが必要だ。そういった心掛けこそが、長期的な企業価値の増大にも繋がるはずだ。確かに、採決に極僅かな影響力、むしろ一切影響がないともいえるが、一人のシェアホルダーとして、会社を監督・監視する立場にあることを自覚し、その責任を全うしていくことが大切に思う。

 学生のうちから、経営に携わるのはハードルが高い。一方で株主として経営に間接的に携わることなら手軽にできる。これからの日本を背負う若者として、考えねばならない「株主とは?」、「株式会社とは?」、「資本主義とは?」を考える切っ掛けにもなる。

■学生が株主総会に参加する意義

 前述の「参加するうえでの心構え」では、仰仰しく感じたかもしれないが、学生が株主総会に参加する意義は様々にある。終身雇用が終焉したとはいえ、新卒で入社するのは限られた人生のなかで1度きりで、人生を大きく左右されるイベントの一つだ。就活に投資の視点は役に立つといわれるが、株主にならずとも、最近では企業のIRページに株主総会のアーカイブ映像を掲載していることも多く、手軽に閲覧できる。ミスマッチを防ぐためにも、就活イベントだけではなく、総会をみることで何か新しい発見があるに違いない。

 株主総会そのものも、お土産の廃止、コロナ禍による懇親会の中止や開催形態の多様化など変化している。一方で、株式会社における最高意思決定機関という役割は不変だ。どのように利用するかは、私たち一人一人に委ねられている。

■慶應義塾大学 八田潤一郎 (はった じゅんいちろう) 法学部政治学科2年 学生投資連合USIC代表。小学生の時に株式投資を始める。最近では、FX、不動産(REIT)、仮想通貨、コモディティ、デリバティブを新たに運用しながら、毎日勉強中。オンライン含め年間数十社の株主総会に参加・出席するが、ソフトバンクグループが一押し。金融を学ぶ「おもしろさ」、投資の「楽しさ」を多くの人に知ってほしいと願う。

学生投資連合USIC(がくせいとうしれんごうUSIC)
学生投資連合USIC(がくせいとうしれんごうUSIC) 全国28大学1000人以上で構成される日本最大の金融系学生団体
「日本を学生から金融大国に」というビジョンのもと「学生の金融リテラシー向上」のための活動を行う。企業団体・官公庁との勉強会開催、IRコンテストの運営、金融情報誌SPOCKの発行を行う。https://www.usic2008.org/

【学生から金融大国へ USIC通信】投資や金融に興味を持った切っ掛け、将来の展望やコロナ禍での学生生活の実情など、「学生投資連合USIC」に所属する各大学のサークルがリレー形式でお送りします。アーカイブはこちら

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング