新時代のマネー戦略

FRBのテーパリングで金投資に警戒感 不安局面での「金の買い方」

小松英二
小松英二

コロナ禍で金は最高値圏内 ただ、先行き警戒モードへ

 美しい輝き! 宝飾品として重宝される金。資産形成の対象としても魅力的です。新型コロナで経済活動が停滞するなか、各国中央銀行の異例な金融緩和であふれた緩和マネーが安全資産「金」にも流れ、昨年8月、NY金は最高値を更新し、有事の金として存在感を示しました(図表参照)。

 その金に不安なテーマが浮上しています。それは、世界経済を引っ張る米国で「金融正常化の第一歩を踏み出す時期」、具体的には金融緩和の段階的縮小(「テーパリング」と呼ばれる)の着手が検討されていることです。

 過去の事例では、テーパリングに入る前に、緩和慣れした市場で短期的なショック症状が起こり、過剰反応した金は急落しました。一方、アフガニスタンやイランの情勢悪化や東アジアで高まる米中対立の激化など地政学リスクの高まりは、金価格の上昇要因です。プラス・マイナス交錯し、金価格の先行きに不透明感が広がっています。

 そこで今回は、金投資のメリット・デメリットや、金価格を動かす要因をみながら、この先1年ぐらいの金投資のスタンスを考察したいと思います。結論を先取りすれば、「短期には慎重に、長期にじっくり時間分散投資」。ただ、あくまで私見です。投資は自己責任で。

金は世界で通用し、有事に買われるドル建て実物資産

 まず、イメージをつかむために、金投資のメリット・デメリットをみていきましょう。

 メリットとして、「世界共通で価値が認められている」ことが挙げられます。基軸通貨の米ドル建てで取引される「ドル建て実物資産」として、世界規模の保有ニーズがあることから、どんな状況でも買い手が見つかることは強みです。株式や債券など国や企業の信用を裏付けとする金融商品は、企業等が破綻すれば、価値ゼロとなることもあります。

 また、金は有事に強いことも特徴です。軍事クーデター、戦争・テロなど地政学的リスクや、巨大ハリケーンなど自然の猛威による被災リスクの高まりで金選好が強まっています。

 一方デメリットは、「利息や配当を生まないこと」です。持っているだけでは資産を増やせません。短期の利益を目指すのではなく、長期に守りながら増やしていく存在と言えるでしょう。

 また、金地金といった現物保有は保管や交換のコストも考慮しなければなりません。盗難や紛失といった心配事もあります。「世界共通で価値が認められている」ということは、狙われる危険もあるのです。

 さらに、為替変動リスクもあります。金の国際価格は、ドル建てで表示されています。そのため、金の国内価格は、その時のドル円相場で円に換算したものとなります。金の国内価格は、ドル円相場がドル高に動けば値上がりしますが、ドル円相場が円高に動けば値下がりすることになります。

 ここまでメリット・デメリットをみてきましたが、資産運用全体からすると「財産を守る一つの手段」。金投資は、多くても金融資産の1割以内とするなど、十分な分散投資の中で取り組むべきでしょう。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング