記事詳細

【CAのここだけの話♪】〈ドバイの日本愛〉多文化社会での祖国の人気を実感

更新

 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第34回は中東系航空会社の日本人CAとして乗務2年目の山本梨紗がお送りいたします。

<< 下に続く >>

 皆さんはドバイと聞いたらどんなイメージを思い浮かべますか?よくテレビなどで紹介されている世界一高い超高層ビル「バージュ・カリファ」、お金持ちの国、ゴールド、砂漠など、日本とは全くかけ離れた別世界のイメージがあるのではないでしょうか。

 実際私もこの会社に入社しドバイへ渡航するまでは同じようなイメージがあり、未知の世界でした。

▽オススメの日本食レストラン

 ドバイに来るまでは、アラブの人たちで溢れている場所を想像していました。ですが実際は様々な国の人たちがお仕事をしに来ていたり、観光をしに来ていたりと本当に多国籍な環境です。

 日本人の方も駐在、シェフ、医者などドバイでも様々な分野で活躍しておられます。こんな多国籍、多文化のドバイで日本のお店や日本食を見かけることがたくさんあります。

 特にどこでも見かける日本食レストランはどの人種にも人気があり、フライト中にも外国人クルーに「オススメの日本食レストラン、美味しいお寿司が食べれるお店を教えて」と聞かれることがたくさんあります。実際みんなが日本食に興味を持ってくれたり、とても嬉しいです。

このニュースのフォト

  • 山本さん
  • 山本さん。ローカルの友人とワールドカップ観戦
  • 山本さん。マルタでクルーと観光
  • 「YUi」のラーメン
  • 山本さん。ヨルダン旅行の際に仲良くなった現地の方々

ランキング