記事詳細

【CAのここだけの話♪】〈オランダ流働き方〉社員の幸せが仕事の充実につながる

更新

 SankeiBizの読者の皆さんにだけこっそり教える「ここだけ」の話。第35回はオランダ系航空会社に乗務8年目の木村友香が、勤務しながら驚いたオランダ人の働き方をテーマにお話ししたいと思います。

<< 下に続く >>

 皆さんにとって、欧州の航空会社を利用されるときに日本の航空会社と違うと感じられることの1つが、男性CAの数が多いということだと思います。男性CAだけでなく、女性のパイロットもたくさん在籍しています。ジェンダーバイアスが全くないとは言いませんが、より適性ベースで雇用されているのですね。

 そもそもオランダ人と働いていると「性別って一体なんなのだろう?」と考えさせられます。

 まず、私の同僚の男性の半分以上はゲイです(私の知る限り)。ゲイと言っても心は男性で男性が好きな人もいれば、心が女性な人もいて、一言で括ってしまうには実に多様。ついこの間まで男性パイロットとして乗務していたのに、自分は女性だったということに気づいて性転換をし、今は女性パイロットとして乗務している同僚もいます。彼女の子供たちは、「ママが2人になった!」と言っているようです。

▽LGBTへの理解が当たり前の社会

 会社は性的少数者(LGBT)を当たり前のこととして捉えています。首都アムステルダムで年に一回催されるゲイの世界的な祭典「ゲイプライド」では、ゲイたちがボートで運河をパレードするのですが、「K◯M」という私の会社の名前をもじって「GAY◯M」と書かれたボートを会社が出し、そのボートの上で金ピカに着飾った同僚たちがサタデーナイトフィーバーさながら踊りまくるのです。

このニュースのフォト

  • 木村さん。ヨハネスブルグのウクツラライオンパークにて友人と
  • アムステルダムで開かれた「ゲイプライド」の参加者ら
  • 木村さん。アムステルダムにて友人と
  • 木村さん。モロッコのサハラ砂漠にて
  • 木村さん。アムステルダムにて

ランキング