記事詳細

【木下隆之のクルマ三昧】知られざる「自動車運搬船」ルポ プロの技に驚嘆だけど…

更新

 トランプ米大統領が日米貿易赤字の削減に向けて鼻息が荒いなか、その矛先は日本の主力産業である自動車に向けられて久しい。「たくさんの日本車がアメリカにやってくるのに、日本人はアメリカ車をほとんど買わない」とプンプンなのである。関税引き上げや輸入総量規制を人質に、強権的に譲渡を迫る日々が続いている。

<< 下に続く >>

 そんななか、偶然にも、スバルがアメリカ輸出に活用している船積み船(自動車運搬船)を見学したので報告することにする。

 今回見学したのは、東京湾から荷積みされ、北米東海岸に寄港予定の船。東京湾を出航したら、一旦茨城県に立ち寄ったのちに太平洋の航海が始まるのだ。

◆まるで高層ホテル?

 船名は「ヘラクレスリーダー」。全長は199.94m、全幅は32.26m、高さはなんと44.98mに達するという。その数字を聞いてもピンとこないのだが、桟橋で見上げた感覚で言えば、都内の高層ホテルを横に倒して海に浮かべたかのような異様な大きさである。

 最大積載台数は、乗用車ならば4900台。デッキは天井高2.10m前後で、12階建ての積層だ、そんな巨大な船のリアゲートが開けられ、ポートに並べられていたまっさらな輸出モデルが次々と積み込まれていくのである。

このニュースのフォト

  • 船積みを待つ車
  • ヘラクレスリーダーの船内
  • ヘラクレスリーダーの船内
  • ヘラクレスリーダーの船内
  • ヘラクレスリーダーと船積みを待つ車

ランキング