記事詳細

【CAのここだけの話♪】〈ランニングウェアが必需品〉フライト用バッグの中身、覗いてみませんか?

更新

 SankeiBizの読者の皆さんにだけに客室乗務員(CA)がこっそり教える「ここだけ」の話。第39回はフィンランド系航空会社に日本人CAとして乗務1年目の小澤瑳也伽がお送りします。

<< 下に続く >>

 CAのイメージとというと、キャリーバッグを転がしながら空港内を歩く姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。世界中を飛び回るキャビンクルーのバッグの中には一体何が入ってるか気になったことはありませんか?

 乗務したての頃の私はフライト先で何が必要かわからず、まるで1週間の旅行に行くようにパンパンに物を詰めていましたが、先輩からのアドバイスを参考にしたり、回数を重ねるうちにフライトやステイの過ごし方のサイクルを掴み、有効なアイテムを身軽にパッキングができるようになりました。

今回はそんな私のキャリーバッグの中身をご紹介したいと思います。

 1.<サプライズ好きクルーの必需品?>ポストカード、シール、手紙

 お客様にお渡しするメッセージカードとシールは何種類か常備してあります。ヘルシンキには可愛いポストカードがたくさん売っているので、休日に雑貨屋さん巡りをする際などに集めています。

 日本のシールの種類は豊富で、外国人のお客様に喜ばれるお寿司や桜のシール、誕生日やハネムーンのお客様にはバルーンやケーキのシールなど、シチュエーションを考えながら選ぶのがステイの楽しみのひとつでもあります。なるべくカラフルでインパクトのあるものを選ぶように気をつけています。

 以前乗務したフライトでは、ステイ中にヘルシンキで孫が生まれたクルーがいて、「帰国して孫を抱っこするのが本当に楽しみ」とフライト中とても嬉しそうに話していました。キャビンクルーはサプライズや人を喜ばせることが大好きな人ばかり。この時ももちろん、おめでたい話を逃さず聞きつけ、寄せ書きした手紙とステイ先で買ったプレゼントを用意してフライト後にサプライズを実行。 彼女は泣いて喜んでくれました。

 クルーの誕生日だったり、こういった“突然のイベント”の際にもとても役に立っています。

 2.<乗務には欠かせない>エプロン、靴、グローブ

 よくお客様に、「上空でもヒールで仕事しているの?」と聞かれるのですが、弊社ではヒールのない靴での乗務も可能です。私は気持ちを切り替えるためにも地上ではヒール、離陸後にフラットに履き替えるようにしています。

このニュースのフォト

  • 手紙やシールのコレクション。バリエーション豊富な日本のシールは、海外でも喜ばれます
  • 愛用しているマリメッコの機内ポーチ。意外と容量が大きいところも気に入っています。グリーンの丸い容器は髪をまとめる際に使用するマトメージュ
  • ヌークシオ国立公園でキャンプとハイキング。森の中ハンモックで一晩を過ごしました。ヘルシンキ中心部から車でわずか45分と、市内から一番近い国立公園です
  • 趣味で通っているピラティスのスタジオ。フィンランドは健康大国でヘルシンキ市内にはジムやスタジオがたくさんあります
  • 毎日のランニングルートにしているセウラサーリ島。ヘルシンキ市内に住んでいても自然がとても身近にあります
  • プライベートでも旅行は大好きです。これはデンマークのコペンハーゲンへの日帰り旅行したとき

ランキング