記事詳細

【CAのここだけの話♪】〈ランニングウェアが必需品〉フライト用バッグの中身、覗いてみませんか?

更新

 私は特に国内線の乗務で訪れた先でランニングするのが好きです。フィンランドは自然が多く、世界一空気が綺麗な国としても知られています。市内からすぐに森にアクセスできるので、気軽に自然と触れ合うことができます。鳥の囀りや風でなびく木の葉の音を聞きながらのランは本当に気持ちがいいので、フィンランドにいらした際はぜひ外をランニングしてみてください。もしかすると野生の動物に出くわすなんてこともあるかもしれないですよ。

<< 下に続く >>

 6.<気分も上がるマリメッコ>機内用ポーチ

 機内用ポーチはフィンランドを代表するブランド、マリメッコで購入。ポップでレトロな柄で使うたびに気分も明るくなりますし、この柄は人とかぶらないところもお気に入りです。この形は意外にもたくさん物が入るところも気に入っています。

 中にはハンドクリーム、髪をまとめる際に使用するマトメージュのほかに、CA必需品(?)ともいえるおいせさんお清め塩スプレーも。気分転換になるのでフライト後にシュッと体に吹きかけています。コンタクトレンズを使用しているので、乾燥しやすい機内では目薬も手放せません。

化粧直しは最小限にとどめたいので、ポーチに入れるメイク用品はあぶらとり紙とCCクリーム、リップクリーム、口紅の4点のみ。

 よくお客様に崩れない機内メイクの質問をされますが、メイク前に保湿をしっかりすることと、薄化粧を心掛けることが大切だと思います。

 また、フライトで靴が汚れてしまった際にすぐに磨けるようインスタント靴磨きも必ず持ち歩くようにしています。

 ほんの一部ではありますが、私のキャリーバッグの中身を紹介させていただきました。これからの旅行の際に、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 【プロフィール】小澤瑳也伽

 こざわ・さやか 学習院大学在学中にカナダのバンクーバーへ留学し、卒業後に中東系航空会社に入社。1年9カ月の乗務の後フィンランド系航空会社に転職。現在はフィンランドに在住し、日本人客室乗務員として日本線とヨーロッパ線、フィンランド国内線を担当。趣味は旅行、ピラティス、ランニング。

 このコーナーはエアソルに登録している外資系客室乗務員(CA)が持ち回りで担当します。現役CAだからこそ知る、本当は教えたくない「ここだけ」の話を毎回お届けしますので、お楽しみに。内容は随時更新します。エアソルはPR、商品開発、通訳、現地リサーチ、ライター業務等、現役CAの特性を活かせるお仕事を副業としてご紹介しています。

【CAのここだけの話♪】バックナンバー一覧はこちらから♪

このニュースのフォト

  • 手紙やシールのコレクション。バリエーション豊富な日本のシールは、海外でも喜ばれます
  • 愛用しているマリメッコの機内ポーチ。意外と容量が大きいところも気に入っています。グリーンの丸い容器は髪をまとめる際に使用するマトメージュ
  • ヌークシオ国立公園でキャンプとハイキング。森の中ハンモックで一晩を過ごしました。ヘルシンキ中心部から車でわずか45分と、市内から一番近い国立公園です
  • 趣味で通っているピラティスのスタジオ。フィンランドは健康大国でヘルシンキ市内にはジムやスタジオがたくさんあります
  • 毎日のランニングルートにしているセウラサーリ島。ヘルシンキ市内に住んでいても自然がとても身近にあります
  • プライベートでも旅行は大好きです。これはデンマークのコペンハーゲンへの日帰り旅行したとき

ランキング