SankeiBiz for mobile

新作PRはSNS駆使 劇場映画「ドラえもん」が狙う客層は誰か

記事詳細

新作PRはSNS駆使 劇場映画「ドラえもん」が狙う客層は誰か

更新

 「ドラえもん」の劇場用映画39作目となる新作「のび太の月面探査機」(八鍬(やくわ)新之介監督、藤子・F・不二雄原作)が来年3月1日に全国公開されることが決まったが、宣伝戦略が例年とはひと味違うと話題を集めている。配給元の映画会社東宝の狙いは何か。

<< 下に続く >>

 カウントダウン仕様のホームページ

 「製作委員会で検討を重ねた結果、例年と違う形で発表しました」と東宝の担当者は力を込めた。

 まず、10月15日、東京都内で製作発表会見を行った。26作目「ドラえもん のび太の恐竜2006」(平成18年)以来だ。

 「のび太の月面探査機」の物語の季節は秋。実は、シリーズ史上初の設定であることや、「藤子さんの大ファン」という直木賞作家の辻村深月(みづき)さん(38)が映画脚本を初めて手がけること-など、作品自体が新しい試みに満ちていることが理由だという。

 会見を開いたこと以上に目を引いたのが、会見を盛り上げるための仕掛けだった。

 カウントダウン

 会見4日前の10月11日、製作委員会は「のび太の月面探査機」の公式サイトを公開し、トップページいっぱいに、ドラえもんら各キャラクターを日替わりで1人ずつ登場させた。

 ただし、胸の部分のみ。いずれも左胸にはドラえもんのひみつ道具と思われる、光るバッジを付けている。画面左下には、小さめの文字で残り時間を刻々とカウントダウンしていた。

このニュースのフォト

  • ツイッター「ドラえもんチャンネル」で告知されたPR(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2019
  • 「映画ドラえもんのび太の月面探査記」の公式サイトで告知されたPR。製作発表会見が実施されることは伏せられている(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2019
  • 「映画ドラえもんのび太の月面探査記」の公式サイトで告知されたPR。製作発表会見が実施されることは伏せられている(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2019
  • 「映画ドラえもんのび太の月面探査記」の公式サイトで告知されたPR。製作発表会見が実施されることは伏せられている(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK2019
  • 「映画ドラえもんのび太の月面探査記」の製作発表会見で意気込みを語る作家の辻村深月さん(前列中央)(高橋天地撮影)
  • 「映画ドラえもんのび太の月面探査記」の製作発表会見。ドラえもん(中央)と声優を務める広瀬アリスら俳優陣(高橋天地撮影)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です