働き方ラボ

「新語・流行語大賞」をどう見るか? 時代の変化を読み解く

常見陽平
常見陽平

 早くも師走である。「2020年ユーキャン新語・流行語大賞」が発表された。今年の年間大賞は「3密」だった。トップテンは「愛の不時着」「あつ森(あつまれ、どうぶつの森)」「アベノマスク」「アマビエ」「オンライン〇〇」「鬼滅の刃」「GoToキャンペーン」「ソロキャンプ」「フワちゃん」だった。

 私は毎年、この賞を追っている「流行語大賞ウォッチャー」である。この賞のもとになる『現代用語の基礎知識』の執筆を2010年代なかばから担当しており、その縁で同賞の授賞式もほぼ毎年、参加している(今年はイベントのやり方自体が変わったが)。この賞の楽しみ方をお伝えしよう。単にこの結果だけを見ても、まったく面白くないのだ。

 「流行語大賞」楽しむための基礎知識

 まずは、この賞の前提を確認しておこう。この賞は官庁などが発表している賞ではない。『現代用語の基礎知識』を刊行している自由国民社と、スポンサードしているユーキャンによるイベントなのである。

 6年前に、当時の『現代用語の基礎知識』編集長にインタビューをしたことがあるが、この賞がスタートした頃はメディアの取材も少なく、注目度が低いイベントだったという。しかし、今年で37回目を迎える同賞は、長く続けてきたこともあり、徐々に注目度が高くなってきたと言える。毎年、発表会には多数のメディアが押し寄せ、全国紙やバラエティ番組でも取り上げられている。

 同賞は毎年秋に発売される『現代用語の基礎知識』に掲載されている言葉から選考委員により選ばれる。ゆえに、年末にかけて流行った最新の言葉は取り上げられないし、やや遅れてノミネートされることもある。

 ノミネートされた言葉は、必ずしも称賛されているわけではない。ここ数年、この賞はバランスのとれたものになっていると感じるが、一時は政権に対して批判的なキーワードがかなり並んでいた。これに対して「公正ではない」「偏っている」という批判の声も散見された。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング