働き方ラボ

コロナ禍の就活シーズン到来 オンライン面接“必勝”へ3つのポイント

常見陽平
常見陽平

 就活シーズン到来。コロナ禍により求人数の減少も懸念されている上、大都市を中心に緊急事態宣言が発令されているが、採用活動は盛り上がりを見せている。「新型コロナウイルスショックで就職氷河期再来」という言葉をよく見かけるが、これは必ずしも正しくない。運輸、旅行、飲食など壊滅的な打撃を受けている業界があるのは確かだが、若者が減っていく危機感もあり、企業の採用意欲は高い。青田買いも横行しており、すでに「早期選考」が行われ、内定も出始めている。

 昨年から新型コロナウイルスショックで大きく広がったのが、オンライン就活である。会社説明会、選考ともにオンラインで行ってしまうのだ。経団連による「新卒採用活動に関するアンケート結果」によると、2021年卒の採用活動において、Webによる企業説明会を実施した企業は88.4%、最終面接までWeb活用した企業は63.8%だった。もっとも、企業側にも戸惑いはある。「学生の企業理解や動機形成にWebは、評価できない」47.1%、「Web面接は対面面接より評価が難しい」62.7%、「Web面接は通信環境が問題」75.8%など、オンライン就活には課題があることもまた事実である。

 2022年卒の採用シーンを見ていると、秋の段階では、オンラインとリアルを併用した採用活動になっていた。インターンシップに関しても、オンラインでも実施しつつ、ターゲットや人数をしぼり対面で実施する例も散見された。ただ、緊急事態宣言により、当初の予定もよりも、オンラインを活用する企業は増えると予想される。

 いまや、就職・転職でオンライン面接の対策はマストと言える。その対策方法を考えてみよう。ポイントは①事前準備②オンラインを意識したコミュニケーション③余裕の3点である。

 前提として、オンラインになったところで、面接は面接である。簡潔かつ具体的に話すこと、相手の質問の意図を考えること、事実を積み重ねること、質問されたことに逃げずに向き合うこと、マナーを大切にすることなどはまったく変わらない。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング