Fromモーニングピッチ

金融とITで社会課題解決に貢献 フィンテックがSDGs投資を後押し (1/2ページ)

白石卓也
白石卓也

 デロイトトーマツベンチャーサポート(DTVS)です。当社はベンチャー企業の支援を中心に事業を展開しており、木曜日の朝7時から「Morning Pitch(モーニングピッチ)」というイベントを開催しています。毎週5社のベンチャーが大企業の新規事業担当者や投資家らを前にプレゼンテーションを行うことで、イノベーションの創出につなげるのがねらいです。残念ながら新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のためオンライン開催となっていますが、いずれ会場(東京・大手町)でのライブ開催に戻す予定です。

 モーニングピッチでは毎回テーマを設定しており、それに沿ったベンチャーが登場します。ピッチで取り上げたテーマと登壇ベンチャーを紹介し、日本のイノベーションに資する情報を発信する本連載。今回は金融とITを組み合わせたサービスを提供する「FinTech(フィンテック)」です。大手町や丸の内は世界有数の金融拠点として知られ、フィンテック系のスタートアップが続々と集まっているため、今回のテーマに決定しました。

 テーマ概観を説明するのは白石卓也です。幅広く金融機関向けコンサルティング業務に従事してきた経験を踏まえ、フィンテックの大局的なトレンドと今後の方向性を説明した上で、スタートアップの紹介をします。

 進むサービスの多様化

 フィンテックはQRコードやモバイルによる決済、家計簿アプリなど、融資や決済、送金、投資といった一般消費者向けのサービスがよく知られています。また、会計・労務サービスに代表される企業の業務支援や仮想通貨領域でも、サービスの多様化が進んでいます。

 銀行と外部事業者との安全なデータ連携を可能にするオープンAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)などの規制緩和を背景に、フィンテック系ベンチャー企業の国内の市場規模は成長しています。矢野経済研究所が2019年に実施した「Fintech市場に関する調査」によると、18年度は2145億円でしたが22年度は1兆2102億円まで拡大する見通しです。

 グローバルで投資が活発化

 グローバルで見るとフィンテック企業への投資は活発に推移しています。17年度から18年度にかけては、世界最大のモバイル・オンライン決済プラットフォーム「アリペイ」を運営するアント・フィナンシャルサービスグループ(中国)が約140億ドルもの資金を調達したため、急成長を遂げたとみられています。

 フィンテックの大きな流れとしては、インターネット上で大規模なサービスを提供しているプラットフォーマーと、切っても切れない関係を構築している点です。米国ではGoogle、Amazon、Facebook.Appleの4社を指すGAFA、日本ではヤフーとLINE連合がフィンテックを取り込み、自動車から農業に至るまで各産業に影響を与えるというイメージです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus