Fromモーニングピッチ

素材ベンチャーは未来社会のキープレーヤー オープンイノベーションが鍵 (2/2ページ)

 協業により事業創出を

 すでにいくつかの協業事例があります。アイデア創出・事業構想にかかわる代表的な事例は山形大学と、炭酸カルシウムなどの無機物を50%以上含む複合素材「LIMEX(ライメックス)」を販売するTBM(東京都中央区)との技術顧問契約です。TBMが複合材料フィルムの成型加工技術に関するアドバイスを得るのが目的です。

 技術開発面で代表的な事例は日立キャピタルと、バイオマスを原料とした化学品の開発を行うGreen Earth Institute(東京都文京区)の連携で、食物残渣などを原料とした健康に寄与する有用化学品の研究開発を進めています。九州大学発のベンチャーであるKOALA Tech(コアラテック、福岡市西区)は有機半導体レーザーの事業基盤をより強固なものとするため、協業へ向けた潜在顧客との技術検討を進めています。

 今回は最先端の素材技術を売り物とする5社のスタートアップを紹介します。

 ロボティクスで素材開発を効率化

 福井大発のベンチャーであるケミカルゲート(名古屋市千種区)が開発したのは熱膨張を制御する微粒子です。ミストを粒子に転換する技術を中核とした「温めると大きく縮む微粒子」で、半導体や自動車、通信機器、環境・エネルギーなど幅広い産業分野でのニーズに応えていきます。有償サンプルの引き合いも続いており、共同開発先を募集していきます。

 産業用素材の研究開発は、実験を繰り返し偶然に発見した材料の特性を評価しながら進められているのが実態です。経験や勘に頼っているため、新素材の発見から実用化まで平均18年を要するなど、開発コストがかかります。この課題の解決に取り組んでいるのがMI-6(東京都港区)。データサイエンスを活用し欲しい性能の新素材にターゲットを定め開発する「マテリアルズ・インフォマチクス(MI)」とロボティクスを活用し、素材開発を効率化する技術を提供します。

 電子機器の発熱を抑制

 名古屋大発ベンチャーであるU-MAP(名古屋市千種区)が開発した素材は、「サーマルナイト」。パフォーマンスや寿命、安全性の低下などを引き起こす、電子機器の発熱問題を解決します。機器部全体を高熱伝導化するためのカギは、セラミクスや樹脂に混ぜこむ充填剤。とくに、次世代通信規格「5G」関連で求められる処理速度の高い電子機器の高出力化・小型化を実現、通信やモビリティー、医療など産業分野のイノベーションに取り組んでいきます。

 ごみを現場で処理

 AC-Biodeは有機ごみとプラスチックごみを低温で炭化する触媒「プラスタリスト」を提供しています。材料のリサイクルが難しいプラスチックも、バイオ燃料やカーボンなどに変えることができます。現場での対応が可能なため、ゴミを海外に輸送して処理をする必要があった島国などでの活用にも期待が高まります。コロナウイルスの影響によって家庭からのごみ排出量が1割ほど増加しゴミ収集が困難を極めているため、同社の技術を世界に広める機会と捉えています。

 医療機器の素材は、強度や弾性率などの機械的特性を重視しているため、身体と機械との接触面に炎症などの問題が発生することもあります。インテリジェント・サーフェス(千葉県柏市)は、こうした課題に取り組んでおり、独自の分子設計・合成技術とコーティング技術を活用して、医療機器の表面を生体に優しい素材に改善。患者と医療従事者の抱える問題の解決に貢献しています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって未来社会には、これまでとは異なる発想の技術が必要となるため、素材ベンチャーが活躍する機会は増えると考えられます。

名古屋大学法学部卒。2013年神鋼商事新卒入社、大手鉄鋼製造メーカー向け原料調達・貿易業務を担当。2016年EYアドバイザリーアンドコンサルティング株式会社入社し、日経企業の海外進出支援、事業戦略策定支援、海外調査業務等を支援。2019年デロイトトーマツベンチャーサポート入社(現職)、大企業のアクセラプログラムや新規事業やベンチャー企業との協業を支援、素材領域を担当。

【Fromモーニングピッチ】では、ベンチャー企業の支援を中心に事業を展開するデロイト トーマツ ベンチャーサポート(DTVS)が開催するベンチャー企業のピッチイベント「Morning Pitch(モーニングピッチ)」が取り上げる注目のテーマから、日本のイノベーションに資する情報をお届けします。アーカイブはこちら

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus