CONNECT in 丸の内

導入数1万5000超 Webサイト多言語サービス、飛躍の裏側 (1/2ページ)

東京21cクラブ
東京21cクラブ

 「Founders Night Marunouchi」は、スタートアップの第一線で活躍する経営者から学びを得ることを目的に、三菱地所が運営する起業家支援コミュニティ「東京21cクラブ」と、イベント・コミュニティ管理サービス「Peatix」との共同開催のイベントシリーズです。2019年10月より月2回、新丸ビル10階にある東京21cクラブにて開催しており、2020年4月からはオンラインにて開催しています。

 2020年9月16日に開催された「Founders Night Marunouchi」では、Wovn Technologies株式会社(ウォーブン テクノロジーズ)取締役副社長 COOの上森久之さんをお迎えしました。

 「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」

 上森さんは力強く語ります。同社は情報のアクセシビリティを高めるために、Webサイトやアプリを最大41言語・75のロケール(言語と地域の組み合わせ)に多言語化するソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」「WOVN.app(ウォーブン・ドットアップ)」を提供しています。

 WOVN.ioは、資生堂ジャパンや三菱UFJ銀行、富士フイルムなど多くの大企業で導入され、現在の導入サイト数は1万5000以上にものぼります。成長をしていくうえでは、公認会計士やコンサルタントといったこれまでのキャリアが役立ったと上森さんは振り返ります。

 そこで今回は、上森さんのこれまでのキャリアを紐解きながら、同サービスの成長の軌跡や展望について伺いました。モデレーターは Peatix Japan取締役 藤田祐司さん、そして東京21cクラブ運営統括の旦部聡志が務めました。

多言語体験へのこだわりが強み

 海外展開を見据える国内企業や訪日観光客の増加などに伴い、Webサイト多言語化ソリューションの需要は日に日に増しています。競合他社も増えるなかで冒頭、旦部からは「WOVN.ioが他社と比べて実績を積み重ねられた理由は何だったのか」という問いが投げかけられました。

 「私たちがWOVN.ioを始めた2014年には、日本でWebサイト多言語化ソリューションを提供している企業はほとんどいませんでした。こうしたサービスはデータが蓄積すればするほど、精度が高まります。この領域にいち早く目をつけてチャレンジしたことで先行優位性を築くことができた。それが現在、競合との大きな差異につながっているように思います」

 とはいえ、同サービスが多くの企業に選ばれているのは先行優位性だけが理由ではありません。同社はユーザーが言語に触れる際の「多言語体験(Multilingual Experience)」の最適化に力を入れており、これが大きな差異化につながっていると上森さんは言います。

 「例えば、日本語で5文字の単語を英語に訳すと倍以上の文字数になってしまうことがあります。文字数が変わったことでWebサイトやアプリのデザインが崩れ、ボタンが押せなくなってしまうことも。また、元サイトで更新があっても翻訳サイトに反映されず、最新情報へアクセスできなくなってしまうケースもあります。WOVN.ioは、多言語化対応に伴うフォントやデザインの崩れを最新技術で解消。元サイトが更新された際は自動で通知を送るシステムも導入するなど、細かいUI/UXにおける工夫をこらしています。それが良質な多言語体験につながり、選ばれる理由になっています」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus