【元受付嬢CEOの視線】あなたの「クセ」が最強の武器になる 分析し育てて成長の糧に (3/3ページ)

画像はイメージです(Getty Images)
画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 誰にも話し方に「クセ」があります。みなさんの周りにも「クセが強い人」がきっといますよね。一見とっつきづらい印象を持つかもしれませんが、そのクセを理解した上で接すると意外と距離を縮めやすかったりするものです。

クセの自覚=セルフマネジメント

 クセとは自分で思っているより、他の人から見られて気づかれているものです。

もちろんいいクセであれば直す必要はないと思いますが、そうでないものもあるかもしれません。

 このコラムをきっかけに一度ご自身のクセを分析してみてください。自分をマネジメントすることでビジネスにおいても、プライベートにおいてもいい影響を与えてくれるでしょう。

【プロフィール】橋本真里子(はしもと・まりこ)

橋本真里子(はしもと・まりこ)ディライテッド株式会社代表取締役CEO

1981年11月生まれ。三重県鈴鹿市出身。武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。

【元受付嬢CEOの視線】は受付嬢から起業家に転身した橋本真里子さんが“受付と企業の裏側”を紹介する連載コラムです。更新は隔週木曜日。

【元受付嬢CEOの視線】アーカイブへ