東京商工リサーチ特別レポート

破産の子供服店マザウェイズが異例の人気 ママ友SNSでセールに殺到 (2/3ページ)

東京商工リサーチ

売上は「通常時の3倍に届きそうな勢い」

 マザウェイズの社員には、破産申請の30日に会社が倒産すると告知された。マザウェイズの社員によると、「当初、本社からセールではクレジットカードは使えないとの説明があったが、その後、その日の夜までに使用できると説明が変更された」という。現場では混乱が生じていたようだ。

 今回の破産について、マザウェイズの社員は「給与の未払いもなかったので、びっくりした」としながらも、「今年に入ってから、人件費の削減と商品の配送体制の見直しが会社側から通達されていた。今思えばこれが(倒産の)予兆だったかもしれない」と振り返る。

 ネット上では、破産申請後に店舗で働くスタッフに対して「タダ働き」との同情の声が広がっている。これに対しては、「会社側からは、7月15日まで給料が出ると言われている。“タダ働き”書き込みには驚いた」と苦笑いする。

 TSRが4日午後、閉店セール中の店舗を訪れたところ、大多数の商品が売り切れており、夏物のカットソーや浴衣などの棚はガラガラだった。店舗の担当者は、「在庫は残り1割ぐらいのところまできました」と説明する。

恐るべし“ママ友”の力

 この店舗は4日で営業を終了するという。担当者は、「セールや閉店の情報が広がった7月3日が最も混雑していました。入店できずに帰るお客様も多くいらっしゃるほどでした」と申し訳なさそうに語る。

 破産申請後は、配送の問題もあるため商品の補充はできず、バックオフィスにある商品を含めた「在庫の売り切り」だ。それでも売上は「通常時の3倍に届きそうな勢い」(店舗担当者)だという。店舗閉鎖後、残った商品は「本社から社員が来て管理すると聞いている」という。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus