ローカリゼーションマップ

日本の果物は高い!? 訪日客の不満が異文化理解に達しない訳 (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 「そんなこと分かっている」と言うかもしれない。「でも、もっと知りたい」と熱をこめながら、「自分はもっと突っ込んでいっている」と話す人がいる。

 だが、しょせん観光旅行である。観光旅行をしながら、気分だけルポライターになっても空回りするだけである。この「しょせん」が良いのだ。

 気分転換になり、新しい知識や経験も適度に増える。その程度で十分なのである。しかし人は良い意味での向上心もあり、どうしてもその先の「川を渡ってしまいたい」欲がでてくる。

 その需要に答えようとする特別仕立ての旅行企画もある。だが、川を渡っていないのに、川を渡った気にさせるのは罪である。「その国の文化がこの行動と日数で、ここまで分かった、それで十分だ」と高いレベルで満足するありようを探るのが成熟した旅行者だろう。

 というわけで、人の旅行話というのは、思いのほか、人格や教養がもろにでるものである。だから他人の話を聞くのは面白く、自分が話しをする時は、それなりに気をつけた方がよい、ということになる。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus