ブランドウォッチング

ローソン「悪魔のおにぎり」 大ヒットを生かす、悪魔的ブランディング戦略 (1/4ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 昨年の10月に発売されて以来まさに悪魔的な大ヒットとなった「ローソン 悪魔のおにぎり」。筆者は正直なところ内心一発屋に違いないと勝手に思い込んでいました。定番商品にはないその意表をつくネーミングやパッケージのインパクトなど非常に面白いものでしたが、最初の驚きが過ぎてしまえば、棚落ちして自然消滅するものだと勝手に決め込んでいたのです。ここに懺悔してお詫びさせていただきます。

 さてこの「悪魔のおにぎり」、なんとシリーズ化して勢力を拡大しているではありませんか。今年1月には「悪魔のパン」「悪魔の焼うどん」などが登場し、直近では本家「悪魔のおにぎり」に明太バター醤油味が登場していたり、飲み物コーナーには「悪魔のコーヒー」、そしてなんとあのからあげクンにも「超からあげクン 悪魔のおにぎり味」が登場していたりして、その勢いはとどまるところを知りません。

 しかも発売以来の累計販売数が4600万個を突破(2019年7月末時点)し、発売1周年を記念して10月中旬から4週間、「悪魔のおにぎり」の販売数に応じた金額を、情報・システム研究機構国立極地研究所が設立している極域科学振興募金に寄付するということです。「悪魔のおにぎり」が、南極地域観測隊が夜食として食べていたおにぎりをヒントに開発され大ヒットしたことに対する粋な恩返しで、さすがにキャンペーンも地球規模のスケール感です。

 最近では、テレビCMがオンエアされ、ローソン公式おすすめとして、おでんのつゆに「悪魔のおにぎり」を入れて雑炊風にアレンジする食べ方が提案されるなど、一発屋どころか堂々ローソンのオリジナルブランドとして育成していく方向性のようです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus