話の肖像画

もっと文化の教育を、中国とのつきあい ファストリ・柳井正氏(14) (1/2ページ)

 中国とのつきあい

 〈平成24年秋、日本政府による尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化を受け、中国全土で反日デモや暴動が発生。上海郊外のユニクロの一部店舗では、現地従業員が「支持釣魚島是中国固有領土(釣魚島=尖閣諸島の中国名=は中国固有の領土であることを支持する)」と書いた張り紙をショーウインドーに掲示していたことが、日本国内で問題視された〉

 従業員が独断で張ったもので、40分ほどで撤去しましたが、その後にインターネットにその写真が転載されました。ジャーナリストの人がブログにあげた。われわれは「一私企業が政治的外交的問題に関していかなる立場もとるべきではないと考えており、このような行為があったことは大変遺憾」とのコメントを出しました。

 あの張り紙は、ユニクロが入っていたショッピングセンターの全ての店舗に張ってあったんです。公安担当者から「全店で張れ」との指示があった。でも、ユニクロだけ撮影されて、問題視された。うちは最後まで抵抗していたんですが、公安担当者が店にやってきて「お前のところ、なぜ張っていないんだ」と言われ、仕方なく従った。公安には公安の言い分があって、これを張らないと「デモ隊が来て、店を打ち壊します」ということでした。

 〈中国の政治の安定とビジネス環境は〉

 僕は、そんなに悪いとは思っていません。日本のジャーナリストの中では、懸念を強めている人も多いようですが。13億の民を、あれだけリードして安定させている。これまでの中国の歴史では、あまりなかったことだと思います。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus