社長を目指す方程式

営業、転職… 年末追い込み、3つのズルいクロージングテクニック (1/3ページ)

井上和幸
井上和幸

 《今回の社長を目指す法則・方程式:「ドア・イン・ザ・フェイス」「フット・イン・ザ・ドア」「ローボール」》

 こんにちは、経営者JPの井上です。2019年も残りわずかとなりました。上司のみなさんは年末での商談クロージングや、新年あるいは新年度からの新天地移籍(異動希望、転職)などに動いているかもしれませんね。自分の意のままにことを進めたいのは心情ですが、正攻法だけではクライアントやご家族を説得仕切れない場面も多いものです。今回はそんなときに効く、3つのズルい心理テクニックをご紹介します。

 転勤を伴う転職を、どう家族に納得させるか?

 あなたが虎視眈眈と進めてきた転職活動、その転職希望先が決まりそうです。これまでの専門も活かし、役職も上がる。年収も大幅ではないもののスタートから現在より少し上積みされそうです。何よりも事業に特徴があり、会社のビジョンも明確で、お会いした社長、他の面々もとても良い方々。

 ただ、ひとつだけ問題が。現在、都内住まいのあなたですが、新天地は大阪。単身か、家族帯同か、先方企業はどちらでも問題ありませんよとおっしゃってくださっているものの、何れにしても転勤を伴うことには妻の了解が得られそうにない…。

 さて、どうしよう? そこであなたは一計を案じました。ちょうど現社で、確度はまだ高い話ではないものの、ゆくゆくミャンマー勤務はどうだという打診が役員からあったのです。

 ある晩、あなたは奥様に切り出しました。「実は、今の会社でミャンマーに転勤になるかもしれないんだ。現地の本格立ち上げで」「えーっ、ミャンマー!生活インフラ安定していないって聞くわよね。二人の子供の学校、どうすればいいの? それとも単身? 何れにしても不安だわ…」「だね。で、実はそれとは別に、大阪にいい転職先の話があって。国内なら子供も安心だろう?」。

 最初に高いハードル・要求を突きつけ、それよりましな選択肢で、普通に提案・相談したら得難い了解を得る。これを「ドア・イン・ザ・フェイス」テクニックと言います(「shut the door in the face(門前払いする)」という、訪問販売員とお客のドア越しのやり取りを表したフレーズに由来)。

 単に東京から大阪の会社に転職だと反対されたかもしれないところ、ミャンマー転勤の可能性を前提に、ミャンマーと大阪を比較させることであなたは無事に奥様の大阪企業への転職を快諾させることに成功しました!

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus