ブランドウォッチング

日本酒のカワウソ「獺祭」の奇跡 廃業寸前から世界的ブランドへ (1/3ページ)

秋月涼佑
秋月涼佑

 この年末年始、普段以上に日本酒を嗜(たしな)む機会が多いのではないでしょうか。日本酒ならではの穏やかで豊かな味わいが新年を迎えるハレの気分をまろやかに盛り上げてくれます。おせち料理などの和食とももちろん抜群の相性ですし、改めて日本酒の良さを見なおさずにはいられないかもしれません。

 そんな日本人のお正月に身近な日本酒ですが、1年を通せば年々飲まれなくなっているのもまた事実です。販売量は1975年167万5000リットルをピークに、2017年には52万6000リットルまで一貫して減り続けて下げ止まる傾向は見えません。当然製造元も減り続け1970年に3533が2017年には1594まで減ってしまっており、経営的にもその半数近くが課題を抱えていると言われています(国税庁 平成31年3月「酒のしおり」より)。

 これは年々洋風化する食生活を筆頭とするライフスタイルの変化や、根強い低糖質志向から蒸留酒に脚光が当たるなど生活者の長期スパンでのし好の変化が影響しているに違いありません。

 でもお酒が好きな人ならば、日本酒が味わいのバリエーションや奥深さにおいてどんな世界の名だたるお酒にも引けを取らないことを知っています。しかも冷、常温、燗と温度で表情を変えながらもそれぞれ楽しめるユニークさや、食中酒としての特性も日本酒の良さとして見直されている部分も多くあるのです。

 日本酒界のスーパースター

 そんな日本酒の世界で、近年燦然と輝くスターと言えば間違いなく「獺祭(だっさい)」に違いありません。

 1948年山口県岩国市創業の「旭酒造」。一時は経営難から廃業も検討したそうですが34歳で家業を継いだ三代目の桜井博志氏が、「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」とのポリシーの下で、それまで醸造していた普通酒「旭富士」の醸造を止め純米大吟醸酒「獺祭」に特化したところから、ジワジワと口コミで評判が広がり今に至ります。

 20年ぐらい前になるでしょうか?私個人の「獺祭」との出会いも最初非常に地味なものでした。絵で書いたような頑固オヤジが一人で切り盛りする小さな居酒屋のオススメにひっそりとそれはありました。半紙にオヤジの結構な筆遣いで「獺祭」とあります。私の教養の程度から、もちろん読めません。オヤジに聞けば「だっさい」だとのこと。当てずっぽうでも読めない字の意外な音感にも驚きましたが、なんでも「獺」は「カワウソ」のことなんだと。そう聞くと、なんとカワウソがお酒を飲んで祭りをしている姿が目に浮かぶではないですか(旭酒造ホームページによると本来もう少し格調高いニュアンスのようです。「獺祭の言葉の意味は、獺が捕らえた魚を岸に並べてまるで祭りをするようにみえるところから、詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします。」)。飲んでみるとそんな名前のインパクトと裏腹に、フルーティーで飲みやすく、明らかに上質なお酒であることがまざまざと伝わってきたことを今でも思い出します。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus