最強のコミュニケーション術

コロナストレス、発散のつもりで実は増幅させている行動 (1/2ページ)

藤田尚弓
藤田尚弓

 伝え方や言い回しを変えると、自分を取り巻く環境が変わり、やってくるチャンスも変わっていきます。皆さんは自分のコミュニケーションに自信がありますか? この連載ではコミュニケーション研究家の藤田尚弓が、ビジネスシーンで役立つ「最強のコミュニケーション術」をご紹介していきます。

 第17回は「不安と怒り」がテーマです。人間はストレスにさらされるとネガティブ感情を抱きます。新型コロナウイルスの国内感染者数は落ち着きを見せていますが、この先への不安や、配慮が足りない人への怒りを感じている人もいるかと思います。これらの感情が、コミュニケーションにどんな影響を与えるのか。注意点と対処法をご紹介します。

 騒音で通報3割増 私たちは怒りやすくなっている

 警視庁が受理した騒音に関する通報は、昨年の同じ時期に比べて3割近く増えているそうです。筆者も先日、公園で口論している人たちを見かけました。通りかかった高齢の男性が若い男性のグループに注意をしたという文脈のようで、「注意」ではなく「攻撃」という表現のほうが合うようなコミュニケーションスタイルが用いられていました。複数の人が通報したようで、警察官が駆けつける事態に発展してしまいました。

 対人トラブルの解決は、依頼や説得といった穏やかな手法から始められるのが一般的です。しかし、自粛のストレス、将来への不安、自分は正しいといった思い込みが強い人もいる現在の状況だと、プロセスを飛ばして強いコミュニケーションスタイルを選んでしまう人も増えているようです。「自粛警察」と呼ばれる、他社の行動の監視や批判をする人たちが強い伝え方をするのも「ストレス」「不安」「思い込み」の影響でしょう。

 衝動的に、攻撃的な伝え方をしたくなってしまう。そんなときの対処法としては、怒りを感じた行為を特別に悪いことではなく、「誰もがやってしまう可能性がある」と考える方法があります。しかし、怒り感情を抱えているときは、ゆがんだ知覚にとらわれているケースが多いものです。冷静に考え直すのは難しいといえるでしょう。

 現実的にできる方法としては、怒りを伝えるまでの時間を稼ぐことしかないと思います。数秒でいいので我慢をすれば、伝え方は少しマイルドになります。突発的な怒りは伝わりやすい性質を持っていますので、マイルドな言い方でも十分相手に伝わります。

 不快なだけで相手を「攻撃」 本人への悪影響とは

 攻撃型のコミュニケーションを私たちはどんなときにとってしまうのでしょうか。代表的なものに、他者の行動によって苦痛、不利益、不快感が継続的にもたらされたときというのがあります。それも「わざとやっている」といった意図が明確であること、「お互い様」だと思えない関係性であることなどの条件が揃った場合が多いでしょう。

 ところが、最近では不快というだけで攻撃型のコミュニケーションをとる人が増加傾向にあるようです。休業要請中に営業している飲食店に脅迫めいた張り紙をする行動、SNSでの過激な政治批判、著名人への誹謗中傷なども話題になりました。

 このようなコミュニケーションスタイルは対象者に苦痛を与えるだけでなく、やっている本人にもリスクがある行動といえます。その1つは、SNSへのネガティブな書き込みが、書き込んだ人の不快感情を増幅させてしまうことです。

 SNSへの書き込みはストレス解消にはならない

 対面で不安や怒り感情をぶつけていない人でも、SNSでネガティブな投稿をすることがある人は多いかも知れません。第一生命経済研究所の調べによると、怒り、悲しみ、寂しさなどの感情をツイッター上で投稿したことのある人は約50%。SNSはネガティブ感情を共有する場として機能しているようです。

 これは一見ストレス解消のように見えますが、SNSでの共有はネガティブ経験を低減してくれません。それどころか、嫌な気持ちを繰り返し思い返すことにより、ネガティブ感情を増大させるという研究もあります。

 夫婦喧嘩などで相手への不満を口にするうちに、余計に怒りが膨れ上がってくるという経験や、愚痴を言っているうちに余計に嫌な気分になったという経験は、皆さんにもあるのではないでしょうか。SNSの世界だけではなく、ネガティブな感情を繰り返すのは避けたほうがよさそうです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus